佐賀トラベルサポート「どがんしたと?」

体感佐賀

あそぼーさが

佐賀県

キーワード名 唐津城での検索結果13

うれしのあったかまつり

唐津第一ホテルリベール

 2014年版ミシュランに掲載されたホテルです。ゆったりとした松浦川を眼前に臨む優雅なホテル。川側の客室からの眺めは、唐津城や虹ノ松原などの美しい景色がご覧いただけます。宿泊者専用の大浴場を完備。

うれしのあったかまつり

水野旅館

唐津城や旧高取邸の間近で石垣の散歩道沿いにあり観光に便利です。海際にあり、全室より唐津湾が見渡せます。夕食は、玄界灘の天然の魚介類や地元の野菜を使い素材を生かした料理で、唐津焼の器も楽しめます。

うれしのあったかまつり

富久家

 唐津城が望める河畔の静かな宿です。大名小路通りより路地に入るとこじんまりとした和風の宿がたたずんでおります。  街の中心に近いので、おすすめのおいしいお店もご紹介できます。広々とした駐車場も完備しております。家庭的な宿ですので、どうぞお気軽にご利用下さい。

うれしのあったかまつり

城内ホテル

 市の中心部にあり、ビジネスの拠点として便利。また、唐津城や旧高取家住宅、西の浜海水浴場の近くにあり、観光にも便利。

うれしのあったかまつり

玄洋

 唐津城、旧高取邸、曵山展示場に抜群のアクセスを誇ります。店内は明るく全席掘りごたつ式になっており、呼子のイカの活造り、佐賀牛など唐津のグルメをお楽しみ頂けます。

うれしのあったかまつり

川島豆腐店

創業は江戸時代、寛政年間の頃、唐津城藩主にも献上しておりました。 厳選された契約栽培大豆を使用しております。 メインの商品の「ざる豆腐」は水にさらさず汲み上げる製法で、豆の旨みを凝縮した一品です。

うれしのあったかまつり

唐津城

 唐津藩初代藩主、寺沢広高により1608年に築城された城。現在の天守閣は1966年に建てられたもので、最上階から虹の松原や唐津湾、唐津市街が見渡せる。  春には桜や藤の名所として有名。

うれしのあったかまつり

虹の松原

 虹の松原は防風林、防砂林として唐津城初代藩主寺沢志摩守広高が命じてつくらせた約4.5㎞続くクロマツ林です。日本三大松原の1つです。

うれしのあったかまつり

唐津市西ノ門館

 唐津城跡の発掘調査によって出土した陶磁器など、江戸時代の人々の生活を示す資料を展示しています。平成22年からは一部を「曳山」の修理場として一般に開放し、職人の技を通して、伝統と文化を感じることができます。

うれしのあったかまつり

4月-5月:唐津城・舞鶴公園の藤

 樹齢100年を超えるもので、市の天然記念物にも指定されています。藤棚の面積は約500㎡で花房の長さは1.3mにも達し、その数は5万を超え、大変見ごたえのある藤棚です。

うれしのあったかまつり

7月:九州花火大会

佐賀県唐津市の夏の風物詩となっている花火大会。20万人を超える県内外の観覧客が見守る中、仕掛け花火、打ち上げ花火など約6000発の花火が夜空を多彩に 染め上げる。クライマックスは2尺玉と仕掛け花火のナイアガラ。唐津城のバックに打ち上げられる華やかな大輪の花火が、風情ある夏の夜空を彩ります。

うれしのあったかまつり

唐津城【Timeline】

唐津藩初代藩主、寺沢広高により1608年に築城された城。現在の天守閣は1966年に建てられたもので、最上階から虹の松原や唐津湾、唐津市街が見渡せる。 春には桜や藤の名所として有名。 【Timeline】「ヒロインが名物の唐津バーガーを片手に散歩する」場面で登場。

うれしのあったかまつり

虹の松原【Timeline】

 虹の松原は防風林、防砂林として唐津城初代藩主寺沢志摩守広高が命じてつくらせた約5㎞続くクロマツ林です。日本三大松原の1つです。 【Timeline】「ヒロインが購入し、地元のサイクリストと挨拶する」場面で登場。

Page top